トップページ > クレーター状ニキビ跡 > クレーター状ニキビ跡 化粧水選びのポイント

クレーター状ニキビ跡 化粧水選びのポイント

ニキビの炎症がさらに進みひどくなると、肌の真皮細胞にまでダメージを与え、肌がクレーター状に凸凹してしまいます。 この状態を短期間で治したいという場合は、美容外科でのレーザー治療がおすすめです。レーザーを肌の奥にあるダメージを受けた真皮細胞に当て、線維芽細胞の働きを活性化させることで、肌の元であるコラーゲン合成が進むので、クレーター状のニキビ跡をなくし、凸凹のないなめらかな肌へとアプローチすることができます。 ニキビ跡用の化粧水でも、長期間根気よくケアすることである程度はクレーター状のニキビ跡を目立たなくすることができます。 ピーリング効果が期待できる化粧水でケアし、異常を起こしているニキビ肌のターンオーバーを正常へと導く方法や、コラーゲン合成を促進させるビタミンC配合化粧水を肌に浸透させることで、クレーター状のニキビ跡にアプローチする方法がおすすめです。
ニキビの炎症がさらに進みひどくなると、肌の真皮細胞にまでダメージを与え、肌がクレーター状に凸凹してしまいます。 この状態を短期間で治したいという場合は、美容外科